少しでも可愛くなりたいオタク喪女の奮闘記。

ダイエット停滞期の乗り越え方。モチベーションを保つ4つのポイント

どーも、一ノ瀬ほたるです。

ダイエットをしていると必ずやってくるのが、そう『停滞期』です。

私自身、現在停滞期真っ最中。

あまりにも変わらないので体重計を二度見するレベルです。

体重計を二度見する

ほたる

モチベーションだだ下がりなう。

停滞期の原因を考えてみた

成人になってから10キロも太ってしまった私は現在、糖質を制限した食事と適度な筋トレを毎日続けています。ちなみに夜はほぼ食べていません。

スルスルっと5キロは落ちたのですが、ある日を境に全く体重が変わらなくなってしまったので原因を考えてみました。

色んなサイトを見たり、ダイエットに詳しい人に話を聞いてみたのですが…

  1. 基礎代謝が落ちたから
  2. ダイエットに身体が慣れたから
  3. 標準体重に戻ったから

この3つが私の停滞期の原因だと考えました。

原因1. 基礎代謝が落ちた

まず、本格的にダイエットを始めてから食事制限をするようになったので基礎代謝が落ちた事が考えられます。

基礎代謝が落ちてしまうと痩せにくい身体になってしまいます。

原因2. ダイエットに身体が慣れた

次に今の生活パターンに身体が慣れてしまった事。

食事制限も筋トレも習慣になってきたので、身体がそれに合わせて活動エネルギーを維持しようとしているのかもしれません。慣れってすごい。

原因3. 標準体重に戻ったから

最後に考えられる原因は、ただ単に標準体重に戻ったから。

10キロ太ったとはいえ、元々痩せ型だったので5キロ落として標準体重となりました。

なので、私の身体からすれば今がベスト体重。負荷を掛けない限り現状維持が続くと予測します。

ほたる

標準体重とはいえ引き締まっていないから全然、満足できない!

停滞期にモチベーションを保つ4つのポイント

1. しばらく体重計に乗らない

ダイエットは毎日体重計乗りなさいっていいますよね。

でも、ぶっちゃけ停滞期に体重計に乗ってもモチベーションが下がるだけじゃないかな?

変わらない体重に一喜一憂してストレスになるくらいだったら、いっその事無理に毎日体重計に乗らなくてもいいと思うんです。

という事で「なんか体重変わらないなぁ~」と思ったら私は少し体重計から距離を置いてます。

ほたる

なんか恋愛みたいだね(笑)

2. タンパク質をしっかりとる

過度な食事制限をすると基礎代謝が下がります。

基礎代謝が下がると痩せにくい身体になり、なかなか体重が落ちなくなると聞きました。

ダイエットに食事制限はつきものですが、その中でも私はタンパク質をしっかりとる事を心がけています。

ただ痩せ型になるのではなく、リバウンド防止のためにもタンパク質をしっかりとる!筋肉量を少しでも上げてメリハリボディを目指しています!

3. 筋トレメニューを見直す

筋トレに負荷をかける

私はズボラで飽き性の同じ筋トレばっかりしてるとマンネリ化して続かなくなっちゃうんですよね。

なので筋トレやエクササイズはYouTubeで検索して自分に合ってるなぁ~というものをとりあえず飽きるまで続けるスタイルをとっています。

停滞期はいつもの筋トレを見直すチャンス。

いつもと違うメニューを取り入れてみたり、1セット増やして身体に負荷をかけてみると効果が出やすいと思います!

4. 自分の頑張りを信じる

ダイエットって簡単じゃないですよね。

今まで当たり前のように食べていた食事を制限したり、私のように身体を動かすのが嫌いな人間にとっては苦行です(笑)

なのに体重が変わらないなんてツラすぎる…。

でもそこでヤケ食いしたらデブに逆戻り!!それだけは絶対だめ!

ツラい時こそ自分の頑張りを信じる。ダイエットは継続しなければ成功しないという基本を頭に入れて一歩ずつ一緒に頑張りましょう!

【まとめ】停滞期を乗り越えて楽しくダイエットを

頑張っても頑張っても体重が変わらない停滞期。モチベーションも下がるし、やけ食いもしたくなるけどそこをグッとこらえる事がダイエット成功への近道!

『継続は力なり』という言葉はまさにダイエットを表していると感じます。

確かにダイエットはツライけど、ツラいだけじゃ絶対長続きしません。

飽きっぽいズボラさんほど今のダイエットメニューを見直して楽しく続けていきましょう。

ほたる

絶対諦めんぞ!